空想ハーツは空も飛べるはず

失われた記憶を求めて彷徨うテイマーの日記…のはずなんだけど、なんだか子供だましでネタにまみれた日常

2014.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2014.08

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.30 Wed » 【RS】王子と姫≪終≫そして増える居候

前回のここから

\ビーッビーッビーッ/

\警戒警報発令!警戒警報発令!/

\倉庫内に侵入者あり!/


ティル「チッ!感づかれたか!」
レイ「(あれだけ散々やってて気がつかない方がヘンですわ)」


さて、唐突ですが今回でこの話終わりです

ティル「とにかく、もはやここに用はない。脱出するぞ!」
レイ「いやーん、さっきよりも何か警備エルフ増えてますううう」

(かすめる矢)

ティル「その位の矢で当たる私ではない」
レイ「(ドレス貫通して姉とメイドへの言い訳を必死に考えている)」

これやってる間にさらに別キャラ育成してるとかは

レイ「あっ」

(べちっ)

ティル「(何もないところで転んだぞ) おい、大丈夫か!?」
レイ「…………     えーんえーん、もうこんな地味~な逃亡劇いやですわ~」
ティル「今更泣いてどうにかなる問題か!」
レイ「もうお家に帰ります~えーんえーん」
ティル「………」
レイ「(チラッ)」
ティル「…わかった、もうじき出口だ。おぶってやるからもう泣くな」
レイ「えーんえーん」
ティル「ただし!ウサギ変身状態でだぞ!!」
レイ「(ペロッ)背に腹は代えられません~、ウサギへん~し~ん」


まぁ事実ですがそのうちに


ティル「(数多くの刃を潜り抜けながら)よし!あそこが出口だ!捕まっていろ!」
レイ「(ウサギでひっしとしがみついている)」

しかし、このウサギとイケメンの絵はいいとおもいます

レイ「何だか一気に人がいなくなりましたわね」
ティル「連中も諦めたか。 …ん?」

(不自然な物体)

ティル「おい…こんなもの、入った時にあったか?」
レイ「ありませんでした。これ、スウェブタワーとかによくあるものですわ」
ティル「中途半端に入口の所に置いて……ん」(耳を動かす
レイ「(あ、かわいい)どうかしまし…」(ウサギ耳を動かす

ティル「…魔力の反応を感じる」
レイ「わたくしも…」

MQで使徒は結構めんどくさかったです

使徒「(大量の使徒が魔力球から沸く)」

ティル「!」
レイ「!」

使徒「(二人を見ている)」

ティル「…成程、今までの警備は罠か」
レイ「使徒系なんて…あんなまがい物の沸きMOBなんてよわっちいって相場が決まってるってお姉ちゃま言ってました、さっさとぶちのめし…」

ティル「……武器はあるのか?」
レイ「……ボトルまで忘れてました。…ティルちゃまこそ」

ティル「………」
レイ「………」

ティル「…お互い人の事を言えないな」
レイ「まったくです…」

ティル「しかし…もはやここまで来ると、幻影剣だけで戦うのは無理がある」
レイ「いつものボトルはベットの中です…」
ティル「私の武器もあの秘密倉庫のどこかに置き去りにされたままだ…」
レイ「武器?ティルちゃまは武器があればなんとかなりますの?」
ティル「それがあっても、連中の抵抗が高すぎるとどうにもならんな」
レイ「抵抗?抵抗が下がればどうにだってなりますの?」
ティル「それが行けば世の中の敵はすべて問題ない」

レイ「いい方法があります」(さらっ
ティル「は?」

レイ「武器変身

\POM/

Gvと寄生狩りではおなじみ、ちゃんと見てる人あんまいないのでは

ティル「…!!」

ティル「(私の双剣とほぼ同じ形状をしている! 行けるか…?)」

ティル「…フッ、君はただのプリンセスではなさそうだ」
レイ(双剣)「ただのプリンセスだから、こんなことしかできないんです」
ティル「抵抗を下げる術はあるのか?」
レイ「とっておきがあります、まずはわたくしを装備してくださいませ」
ティル「策があるか。ならば君に任せよう」
レイ「お姉ちゃまの後方支援こそが、わたくしのお仕事です。ティルちゃまの真の力があれば、わたくしの星はもっと輝きます」

ティル「よし…」

なお今回はまだ続きます

ティル「ならば、その姫君の覚悟やよし!! ティル・ルーランド卿、推して参る!!!



続きを読む »

スポンサーサイト

2014.07.25 Fri » 【RS】王子と姫≪7≫だって私はプリトル

前回コメントが糾弾しましたが

(ドカッ)

(バシッ)

(ベチッ)

ティル「君まで殴りに加担する必要はなかったが」
レイ「殴りリトルじゃなくても、スリングびんたは心得ておりますわ」

ティル「さて、問題の羽織物はこの奥だ」
レイ「なんだかわくわくしてきましたわ」

まぁそんなことはどうでもいいや

ティル「あった、あれだ。随分と無防備な置き方をしているな…よし、では頂戴してこy」
レイ「お待ちなさい」(腕をぐいっ

ティル「放せ、今さら盗みを咎めるつもりか」
レイ「違いますったら違います」

レイ「ああ、ティルちゃまの手ってキレイ」

ティル「何か言ったか」
レイ「ナ、ナンニモ」

レイ「こんな所にあっさり予告の物を置いておくなんて、怪しさプンプンですわ。それであっさり突撃したらもっと意味がありません」

レイ「こんな時に!わたくしのもう一つの姿がちょーべんりなんです!」

ティル「何!?」

レイ「冬の空の星たちの力を借りて! へーんしーん!!」



シフがいない秘密においては意外と使う

レイ「羅針盤座の導き!アストラルスピリット!
ティル「……!!! 見えた!あそこにトラップが仕掛けられていたのか!?」

ティル「…君は、ただのプリンセスではないようだ」
レイ「職はれっきとしたケイオスクイーンですが、リトルウィッチの心得もあります」
レイ「こっちの姿でいると、どっちがお姉ちゃまかわからなくなるんで、あんまりなりませんけど」
ティル「……」
レイ「ただ、一個大きな問題があります」
ティル「問題?」
レイ「罠を見つけても、それを解除するための術を私、持っていません」
ティル「あぁ、それは問題ない。場所さえわかれば、いくらでもそれをすり抜ける術はある」

なお、今後混乱の描写はアレでいきます。

ティル「スウィフトタンブリング!!」

レイ「きゃーティルちゃまカッコいいー!」


文句はどうせ内輪なので受け付けません

ティル「予告状通りの仕事をする!」
レイ「(ああ、かっこいいですわ…)」


さて、オチです


ティル「フッ、私に盗めぬ物などこの世にあるとすれば、それはREDSTONEぐらいだ」
レイ「きゃーティルちゃまかっこいいー」
ティル「さぁ、括目しろ。これが天上界から地上界に落ちた紅血の羽織…」
レイ「ユニークアイテムの紅血鬼ですわね

ティル「………」
レイ「………」

ティル「天上界から地上界におt」
レイ「職業鎧ユニークアイテムの紅血鬼Nxですわね

ティル「………ユニークアイテム!?
レイ「こんなもの!アリアンの露店にのぞけばいっぱいありましてよ!!」

ティル「なあああああああにいいいいいいい!?大量生産されていたのか!?」
レイ「最近ティルちゃまみたいな方増えてまして!そういうのもいっぱい出てきてます!」

※これ

ティル「            」
レイ「でもきっとティルちゃまにはお似合いだと思います!装備すればきっともっともっとパワーアップします!」
ティル「……予告状を出した私は何だ」
レイ「きっと物の価値をよくわかってない方と思われていますわ」
ティル「……………」
レイ「でも!怪盗は大成功ですわ!」





(そのころ…)


そしてつづく


エルフ「怪盗侵入確認!」
エルフ「囮の鎧を盗んだ模様!」
エルフ「逮捕!逮捕!」
エルフ「即刻逮捕!!」
エルフ「全員出動!!」






【王子と姫】次回に続く⇒








2014.07.21 Mon » 【RS】王子と姫≪6≫怪盗アドベンチャー


ティル「どうしてこうなった…」


え?バリケード?

レイ「あっ!お宝ならあちらに!あちらにいっぱい!」
ティル「シーッ!あれに用はない!というか、騒ぎ立てるな!!」

ティル「警護エルフどもに見つかったらどうする!」
レイ「ぶちのめせばいいんですわ」(しれっ
ティル「それは最終手段だ!」
レイ「うちのメイドちゃまはダークエルフ王宮でたくさんぶちのめしてました」
ティル「だからそれは経験値目的であって…あああ、クソッ!いいから行くぞ!」




はて、どこかの霊術様がぶち壊したらしいです

レイ「あっ!シャトーブリュレがいっぱい!……こ、これ、1本ぐらいお持ち帰りしても怒られませんわよね」
ティル「ん…ワインは飲んでこその浪漫だ。恐らく富豪に売りつける目的、すなわち資産目的で貯蔵していたものだ。飲んでやらねば酒が泣く。数本は私の流儀で頂いておこう」
レイ「意外とお話わかりますのね」
ティル「浪漫を解せぬ商人どもが悪いと思え」
レイ「ロマンは大事ですね、お姉ちゃまもよく言ってました」
ティル「………」




ピザが出ないのはみんな共通のようです

ティル「一つ聞いてもいいか」
レイ「うふふ、破廉恥な質問は内容によります」
ティル「………」
レイ「…破廉恥でなくても内容によっては応えられません」
ティル「ああ。…君の姉は、あのデビルサマナーなのか?」

旧グラだけど、あのデビルサマナー

レイ「まぁ、お姉ちゃまを一目でデビルサマナーと見ぬいたんですか?」
ティル「連れているペットの時点でわかる、言動もいささか悪魔寄りだな」
レイ「いいえ、昔っからこうでした。女の子らしくないお話のしかたで、お嬢様言葉を使おうとすると、すぐに歯が浮きます」
ティル「君たちはビスル出身か?」
レイ「ふたたび、いいえです。生まれも育ちもバリアートの三角州ですわ」
ティル「(少し前に地下界の大侵略が予定されていたエリアか…)」
レイ「あとさらに付け加えますと、わたくし生まれの場所なんてとんと知りません」
ティル「何?」




あ、ちなみに私は刻印シャークフィン出ました

レイ「赤ちゃんの頃に、ゴールドスワンプ洞窟の近くでお姉ちゃまに拾われたんです。捨て子なんだか知りませんけれど」
ティル「道理で似ていない訳か…」
レイ「でもお姉ちゃまとパパもママもそんな事気にしてないみたいでした。最も、パパとママはすぐに洞窟の落盤事故で死んでしまいましたけれど」
ティル「姉に育てられたのか」
レイ「ええっと…たぶん…おそらく…きっと」
ティル「……たぶん、おそらく、きっと?」
レイ「だって、その頃わたくし本当の本当に赤ちゃんだったんですのよ?だけど、物心ついたときには確かにお姉ちゃまがお世話してくれてました。  …あと……さるお方」
ティル「…さるお方?」
レイ「はい、さるお方です。さるお方というのは、お姉ちゃまにとってもさるお方で、お姉ちゃまがREDSTONEを集めるキッカケともなった…」

レイ「はっ、いけません。泥棒の事をすっかり忘れておりました。行きましょう!」
ティル「待て、さるお方についてまだ何も…」
レイ「いきましょうったらいきましょう!」(ずるずる







しかしこのイベント、肉まんが食べたくなるなる

巡回中のダークエルフさん(好きな食べ物はブルースビストロのフィッシュエッグ)「はっ!!怪しい奴!!」

ティル「ちい!!見つかったか!」
レイ「わたくしにおまかせをー!!  とってもキャンディシャワー!!!」

※ツッコミ厳禁

ダークエルフさん「ムムッwwwwwwwwまた増えたwwwwwwwwwwキャンディーSPマーンwwwwww

レイ「いまのうちに!」
ティル「(なんだ、あの混乱状態は…)」



【王子と姫】次回に続く⇒




2014.07.15 Tue » 【RS】今日の一枚

原料:ファミリアの肉

\ピーッピピピッピー/

フォレスター「ファミまんはんたーいでやーんす!!」

\ピーピーピードンパフドンパフ/

フォレ「ファミリアの肉を使ってるファミまんはー!!ファミリア族の残虐行為でやんすー!!」

\ドンドンパフパフ/

フォレ「そんな鬼畜な食い物を集めている三ツ星シェフ(笑)と冒険家は帰れでやんすー!!」



バロ「フォレー!!今すぐデモをやめなさーい!!」
レイ「そんな危ないところからは早く降りてきてくださいませー!!」
ヒア「ファミリア族の反感を煽ったら、ご主人含む大半のビーストテイマーがテイまんにされてしまいます!!」
ラス「メイドさん誰がうまいこと言えと」
WS「おいファミまんはどうでもいいが!!早くそのバリケードどかせ!!心臓が補充できねえだろ!!」
純水「(それでも睡眠を貫くカトブレが逆にすごいと思っている)」

チャリ「(全鯖のファミリアが立ち上がる日は近いな…)」



2014.07.11 Fri » 【RS】王子と姫≪5≫アクティブ・プリンセス・シスター

(ブリッジヘッド某所)

毎回ここを書いてますとね、ネタがなくなるんですよ

たまに画像ファイル名のままでも大目に見てください

ウサギ「(倉庫内へと走っていく)」

忙しくても忙しくもなかろうとも、忘れる時は忘れちまいますので

ティル「幻影剣のみで外の警備どもは潜り抜けたが…さて、中はどうかな」

ティル「しかし、ブリッジヘッド商人ギルドもあこぎな真似をするな…あえてエルフとダークエルフで警備を組むか」

ティル「だが、予告状のどおりの仕事はせねばなるまい」

ヒョコッ

ティル「っ! 誰だ!」

ところで誰ですか、前回イプシロンが話してないとか仰った方

ウサギ「……」

ティル「……ウサギ?」

ウサギ「!」

\PON!/

あいつは元々そういう奴です

レイ「やっと追いつきましたわ!ふーっ、お姉ちゃまにバレないように抜け出すのは一苦労でした」

ティル「!!??」

ティル「(な、何故あの少女がここに!? あの一家は全員、ぐっすり眠っている事を確認した筈だ!!)」

ティル「(ま、まて、まだ私がテルくんとはバレていまい。ここは落ち着いて振る舞え)」

レイ「バレてないとお思いですか?」

ティル「な、何の事でしょうかね…」

レイ「テルちゃまが家を出て、堂々と家の前で変身して自分は大怪盗だとペラペラしゃべっていたという事実は、カトブレちゃまとイプちゃまが教えてくれました」

ティル「連中、寝てたんじゃないのか!?特にあの引導者、一言もしゃべってなかったはz…」

レイ「しっかり目が覚めておりました!!前回の画像をよーーーくご覧くださいまし!!

そして今回のこのフラグの為にわざと書かなかったと

レイ「イプちゃまは皆様が眠っている時は、いっつも自分は起きて見張り番をしてくれるのです!いい方です!」

レイ「夜中にべらべらしゃべる見張り番はアテにできないって!誰かがおっしゃっていました!」

ティル「(くそっ!!まさかあの昼寝悪魔と昼寝牛に足をすくわれるとは!!)」

レイ「さぁ、早く行きましょう」

ティル「……そのまま私をクロマティガードにでも突き出すのか?」

レイ「何をおっしゃいます、よこくじょー通りに華麗に泥棒してみせるのでしょう?」

ティル「え?」

レイ「楽しそうなので、わたくしもご一緒しますー!」

ティル「…………」





なんだかタラタラだったけど、また次回!

レイ「楽しい楽しい泥棒だいさくせーん♪」

ティル「どうしてこうなった………」




【王子と姫】次回に続く⇒

2014.07.08 Tue » 【RS】王子と姫≪4≫その名は大怪盗「ティル・ルーランド卿」

(その日の夜)




テルくん?

テル「…………」

いいえ、テルくんなんてキャラはいません

チャリ「(暖炉の番をしながら眠りこけているようだ)」
フォレ「(丸まって眠っている)」
ゼラン「(敷物の上で眠っている)」

ヒア「うふふ…わたしはめいどでか…ぐー…」
バロ「や、やめろラス、私をチリでかき氷にするなんて…やめるんだ…すかー…」

テル「…………」


こいつはいつも寝てるので誰も気にしない


テル「…やれやれ、レッドアイ残党どもに捕まった時はどうなるかと思ったが、どこぞの冒険家の子に助けられたらしいな」

テル「しかし、長居はしていられないな。今宵は満月、あの予告を果たさなければならない」

テル「ビット一つ、ろくに扱えないへっぽこのクズ光奏のテルくんとは仮の姿。私の真の姿よ、再び」


やっぱ動くと臨場感があるね、変身は

ティル・ルーランド卿「我が名はティル・ルーランド卿、地下界や堕天使が奪った天上界の美術品を求める大怪盗」

ティル「……私ともあろうものが、秘密倉庫で武器を奪われてしまった事は、この際恰好が付かないから黙っておく事実」

なんで予告状するんだろうね、怪盗って生き物は

ティル「さぁ、予告状の通り、紅血の羽織物を頂きに参る」

おや?カトブレの様子が

カトブレ「……………」

そしてウサギ

動物チャット

ウサギ「…??…」

カトブレ「………  ……。」

pri3-8.png

ウサギ「(ティルが向かった方へと走っていく)」

カトブレ「…………」






【王子と姫】次回に続く⇒

2014.07.04 Fri »  【RS】王子と姫≪3≫ 姉の雄叫びが響く古都

古都ブルンネンシュティグのある住宅地



こんな狭い一軒家に群がる連中

セルリアン「リザレクションをかけまして」
ラスティ「アースヒールもかけて」
純水「…応急処置もした」
冬音「レイちゃん、もう十分だと思うけれど…」
レイ「いけません!目が覚めません!きっとどこかでこのカッチョイイ方の魂が抜けてます!!夏琳ちゃまで入れてさしあげてください!」
夏琳「あの、お嬢様。お言葉ですが、さっきから堂々とこの方は寝息をかいております」
フォレ「顔色もいいでやんす、後はほっといても勝手に目が覚めるでやんす」
レイ「いいえ!まだです!まだPOTが足りません!」
セル「いやもういいですから、それよりも彼をここまで担いできて帰ってきた貴女が心配です」

WS「ほ~れゼラン、アメだぞ」(どうせやる事がないので遊んでいる)
ゼラン「キャイン!キャイン!」(尻尾を振っている

バロ「ただい、うわっお前ら来るなら先に耳くr」
ヒアデス「!!!! ご主人様!!お帰りなさいませ!! そしてお引き取りください!!!
バロ「!? !? ちょっ、何で!!なんで世帯主が帰ってきたのにお引き取り下さい!?ここあたしん家だぞ!?

光奏「…ん……んんん…うるさい…」

ラス「あ、目が覚めたみたいだよ」
セル「はいはい、目が覚めましたよ。いいからそのスリングとフルヒをしまってください」
レイ「!!!」(スリングとフルヒを放り投げ

ヒア「お引き取りください!お帰りください!できたら当分しばらく!!」
バロ「だから!!どうして!!世帯主がお引き取りくださいっておm    あっ」

チャリ「(まずい、スイッチが入るぞ)」








ところで気がついたでしょうか!!このSSからやっとbarokが新グラ対応です!!

光奏「……あの、この状況は一体」

冬音「簡潔に言うとね、アンタはレッドアイ秘密倉庫で倒れてたらしくて」
夏琳「そこのお姫様に、背負われておんぶされて途中で落としたり引きずったりされて、お持ち帰りされましt」


バロ「うわーーもうだめだーーーレイディアンスがグレたーーーー」
チャリ「人助けでなんでグレるって結論になりやがる!!」



夏琳「コホン、助けて介抱したのです」
WS「灰だけかけりゃいいものを…」
ゼラン「(WSの手元をじーーーーーっと見ている)」

光奏「…あの、ところで」
レイ「飴ちゃんどうぞ!ケーキもどうぞ!あっ!!元気をつける為には心臓が一番ですわ! ヒアデスちゃまー!心臓おかわり持ってきてさしあげてー!!
ヒア「お嬢様…そろそろいい加減にしないとご主人様が…」


バロ「うわああああああああああん、お姉ちゃんは悲しい、かわいい妹が男を連れ込むような女になってしまったあああああああ。レイディアンスがグレたああああああ」
チャリ「お前はホントに妹とイチジクの事になると見境なくなりやがるな…」



純水「(アホを見るような目でバロを見ている)」
冬音「気持ちはわからんでもないが、あそこまで泣くかしら普通」
セル「乙女心と秋のラカリフサの空。でしょうか。…あ、そういえば貴方の名前を聞いてませんでしたね」

光奏「…………」

光奏「…テルです」

WS「人の事言えねえが変な名前だな」
ゼラン「(飴を食おうとしてWSの手首に噛みつく)」
WS「      !!!!!

フォレ「それにしても、小女将の様子が変でやんす」

レイ「(テルにべたべたしている)」
テル「(チョー迷惑そうなツラをしている)」



バロ「あああーもうだめだー、死んだお父さんとお母さん、レイディアンスがグレてしましました、解決策をゆるぼでおね」
チャリ「お前混乱と狂気かかってねえか、おーい誰か万病持って来い」




純水「…………」

純水「(光奏でレッドアイ秘密倉庫……取り合わせとしては妙な偶然だな…)」






【王子と姫】次回に続く⇒

09profile.gif

バロック

AUTHOR : バロック

気が付けば、いつだってペットと共にいた。
そういうわけでREDSTONE サンライズ(陽鯖)でプレイ中の、とってものんきでネタまみれな日常を描いた画像日記集。
いろいろあったけど、私もペットも元気です。

※復帰以前の記事は全て「むかしにっき」に収納しました

Copyright (c) 2013 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. License to GameOn Co., Ltd.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。