空想ハーツは空も飛べるはず

失われた記憶を求めて彷徨うテイマーの日記…のはずなんだけど、なんだか子供だましでネタにまみれた日常

2014.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2014.10

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.09.25 Thu »  【RS】夏休みSP≪戦慄別荘≫ 5.ずんずん進むしかないのだ

★前回のあらすじ★

フォレ「………」
フォレ「………」
フォレ「…えっ!?おいらが今日のあらすじ当番でやんす!?」
フォレ「え、えええっと、ええっと」
フォレ「な、謎の別荘を調べていて、まぁ一度帰ろうと思った矢先でやんす!」
フォレ「み、水が…ザバーってなってでやんす!ドンバラバラーで!!ズアッパーン!!でやんす!!」

フォレ「ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、でやんす」

バロ「フォレスターはアドリブが苦手なようだ」
チャリ「やめてやれよ…」




前回の場面から逃げてきたと思ってください

バロ「はー…はー…はー…びっくりしたぁ…」
セル「命に敏感になるってこういうことなんですね…いやぁ…」
レイ「死ぬかとおもいました~…」
夏琳「お嬢様、よろしければこちらをどうぞ」(ポット
チャリ「いきなしアイツを背負ったもんだから、腰痛ぇ…」
ヒア「その忠義は賞賛に値します、どうどう」(背中をさする
冬音「今さっきこれにつまづいて転びかけたんだけど、これお宅のゼランのパーツ?」
ティル「当人…当骨に聞いた方がいい、おいゼラン」
ゼラン「キャウン」(首を横に振る
ラス「違うみたいだね、しかしそれにしても…」

ラス「…ダメだ、あっちの方から完全に水没してる。入口に戻れなさそうだ…」

フォレ「う、うげげぇ、壁が染みだしてるでやんすう」
バロ「あのー、私まったく状況が理解できなんだが」
冬音「安心なさい、私もまったくわからないから」
純水「…満潮だな」
レイ「え?」
セル「…あぁ、成程」
バロ「カンチョーが何の関係が?」
ヒア「満潮です。満潮によって恐らく、この別荘跡地が海に沈んだ為、こちらの地下室にも水が及んできたと…」
冬音「道理で色々な物、流れてくるわけで…」
ティル「海に沈んだという事は…」
夏琳「まず、我々は入口から普通に出ていくことができなくなりましたね」
バロ「    」
チャリ「理解すんの遅せえよ」
レイ「わ、わたしたち、これからどうなりますの…?」
ヒア「お嬢様…それは所謂」
夏琳「海のモズク」
フォレ「藻屑でやんす」
レイ「………せ、せっかくボーイフレンドゲットしたのに、こんなところでお陀仏なんて嫌ですうう」
冬音「やめなさいよ、私なんてボーイフレンド以前の問題なんだから」
ティル「おい、いつからボーイフレンドになった」

WS「………」
ラス「何かすごい珍しく熟考入ってるね」
WS「いや、確かこの別荘、別に出口あったよなーって」


(………)


バロ「なにっ!?」
レイ「ぬねの」


純水「…さっき読んでた書物か」
WS「おう、さっき偶然机の上に広がってた奴。ありゃあこの地下別荘の地図に間違いないな、さっき走りとおった道がピタリ合う」
ヒア「さきほど?」
フォレ「…あ、あのときでやんす?」



※戦慄別荘第3回参照


ラス「わお、ナイス偶然」
夏琳「わかっていてやったんじゃありませんか?」
バロ「まぁまぁ、役に立つならいいんだよ」
WS「さらに役に立つ俺としては、この先のさらに下の階層の地図も拝借してきた」
チャリ「随分用意周到じゃねえか」
WS「戦場においては、二手三手先読んでブッ込むのが鉄板だ」
純水「…ということは、さらに下の階層へ行く必要があるか」
WS「おう、とにかく地下2階だな。そこの階段から行ける」
ゼラン「キャイン」
バロ「行くしかないね、こうなったら。さもなくばカレーにありつく以前の話になっちまう」

冬音「(で、この骨結局なんなのかしら…)」




B2到達

セル「というわけで2階に到達ですね」
夏琳「お借りした地図を確認しましょう。…これは…なんというか…」
セル「…ますます、生活感あふれる別荘ですね。別荘に生活感がなければおかしいですけど」
WS「いよっしゃー脱出だー脱出だー。過程にモンスターがいるなら蹴散らすまでだー」
フォレ「それが最大の目的じゃないでやんすか」
冬音「っあ~(背伸び)もう一走りすっかぁ。でも金目の物も忘れないようにね」
ラス「(槍持って)もうどうにでもなってしまえや」
バロ「で、今回も別れて捜索すんの? あ、支援切れてるからかけなおそう」
チャリ「あり」
ゼラン「キャイン」
ヒア「皆さまそのおつもりですからね」
ティル「………妙な気配を感じる」
レイ「(疑う眼差しのティルちゃまかっこいい~)」
純水「……におうな」
セル「くせものだけにですか、それすなわち」
夏琳「くせえ。でございます」
WS「漫才やってねえでさっさと行くぞ」

実際に生息してるMOBでっす




レイ「あっ!」
ティル「やはりいたか!アンデットどもが!」
WS「なまった体にアド!!」
純水「腐敗臭の正体は連中のようだな」
夏琳「どうしましょう、蹴散らしますか?」
ヒア「速やかに、お皿を投げるのみです!」(皿準備
冬音「ちょっと!一匹残しときなさいよ!私もランサーになったんだから、ここで一発見せ場作っておかないと…」
ラス「ほんっと相変わらず、うちのギルドは妙なところで血気盛んで……バロ、どした?」
バロ「いや…なんか…うーん、ひっかかる」
チャリ「こっちが熟考入ったぞ」
セル「今回そんなのばっかですね」
ゼラン「ギャウン」
フォレ「ま、次の話の頃にはとっくにアンデットども片付いてるでやんすねえ」





【続く】




続きを読む »

スポンサーサイト

2014.09.15 Mon » 【RS】夏休みSP≪戦慄別荘≫ 4.水没別荘

★前回のあらすじ★

夏琳「別荘のガサ入れしかしておりません」
冬音「身も蓋もない…」
ラス「いや、そもそも初めから中身すら存在していない…」




バロ「うおっ!!」
ゼラン「キャウン?」
バロ「何やら怪しさ満点のクリスタルハケーン!」

いきなり秋めいてきましたが、いかがお過ごしでしょう

チャリ「クソ胡散臭ぇオーラ漂ってやがるな…」
ゼラン「ギャイン、ギャイン」(吠えている
バロ「ねーねーチャリ、アレちょっと持ってかえらn」
チャリ「反射呪いかかりたくなけりゃそっとしておけ
バロ「いや、あたし全異常抵抗持ってるしおすし」
チャリ「反射呪いは抵抗関係ねえぞ」
バロ「よしやめよう」(シレッ




冬音「おおおお!?」
ラス「うわ、びっくりした」

涼しくなってもまだ夏休みSPです

冬音「イエー!!金目のものイエー!!」
ラス「あっやばい、姉さんの悪い癖が出てしまっている!」
夏琳「女性として当然だと思いますが」
ラス「アクセサリーとか指輪とかそういった類じゃなくて、金目のものと断言してるのが問題であって…」
冬音「これ貰ってもいいわよね答えは聞いてないけれど!」
ラス「ハハハ、やめてほしいったらありゃしない」
夏琳「……持ち帰りには値しませんね」
ラス「え?」
夏琳「こちら、すべてニセモノの金です。ただの金メッキです」
冬音「………    さぁ戻りましょ」
ラス「割り切りの良さも癖だ」




でもって、黒魔術師実装ですね

レイ「なんでこんな場所にどでっかい会議円卓テーブルがあるんでしょう?」
ティル「用途は会議しかあるまい、会議の為に使っているんだろう。それよりも…」
ヒア「お嬢様、テーブルの上に座ってはいけませんとヒアデスめはずっと申し上げております」
ティル「ここが、それほどまでに多数の人間が集まる事を想定している施設と考えられる」
レイ「あ、それもそーですわね」(足ぶらぶら
ヒア「お嬢様…」




犬以来のステ反転職は魅力ですが

純水「………」
WS「めぼしいもんあったか」
セル「ありません、この中の棚に小瓶ばかりあるので何かと期待しましたが…」
フォレ「中身は全部すっからかんでやんす」
セル「その癖、律儀に並べておいてあるあたり、ただのビンコレクターですかね」
フォレ「その前に」
WS「やんす」
純水「……」
フォレ「そこの2人は本当に働くでやんす」
WS「働いたら負けかなと思っている」
純水「敗北」
フォレ「もうしらねーでやんす」




まぁ、そこはどうしましょうかねえ(チラッ

バロ「はい、というわけでみんな帰ってきたね」
WS「見ていてわりと面白い場所ではあるがな、いかんせんモンスターとスリルがねえと面白みに欠ける」
冬音「あと金目の物」
ラス「もういいから…」
夏琳「しかし、謎の多い場所ではありますね」
セル「ええ、別荘そのものは風化しているのにもかかわらず、妙にしっかりしている調度品など」
ティル「何かの力が今なお働いていることには間違いあるまい」
レイ「お姉ちゃま、これで探検終わりですの?」
ヒア「キャンプにカレー鍋をそのままにしてきておりますので、一度戻った方が…」
純水「…腹が減ってはなんとやら」
バロ「まぁ、それが正論だね。とりあえず、カレー食って休憩してまた落ち着いた頃に探検に来よう。なぁにまだまだキャンプはこれからなんだし」
フォレ「カトブレそろそろ起きたでやんすかねえ」
ゼラン「キャイン」
チャリ「カレーの匂い嗅がせりゃ起きるだろ」
ラス「ま、とりあえずは帰ろうか」

ガタッガタッ

ガタッガタッ

WS「………ん?やけにドア堅いじゃねえか」
純水「……妙だな」
冬音「ねえ皆、カレーにチョコとかコーヒーとか隠し味入れる派?あたしリンゴまるごと入れるんだけど」
セル「あ、私は干しブドウ入れます」
レイ「トウモロコシゆでて潰した物入れると甘口になるんですよー」
ヒア「ちゃんと皆様の嗜好に合わせて、辛口・ちょい辛・甘口で作ってありますのでご安心くださいませ」
バロ「ちなみにチャリオットの奴は意外にも甘口派だ」
チャリ「てめぇはちょい辛と甘口を4:6の割合ってのがめんどくせえんだよ」
ティル「カレーもいいが、私はハヤシが好みだ」
ラス「あ、ハヤシライスもいいねえ。トマト多めで赤めの奴が」
夏琳「ハヤシはデミグラスベースに限ります」

ガタッガタッガタッ

WS「おい、ドア開かねえぞ。それとカレーは辛口より遥かに上じゃねえと俺は認めん」
純水「(ドアノブの鍵穴を凝視している)」
バロ「でヒアデス、今日って何カレー?」
ヒア「半島の海辺ですので、シーフードです」
ゼラン「キャイン」
フォレ「オイラ、シーフード大好きでやんす」

ガタッガタッガタッガタタ

WS「ドアノブ以前に、何か扉を押し返される感じが…」
純水「(ピッキング決行中)」
冬音「ねー、いっそのこと扉ぶち抜かない?そうすればすぐに開くわよ」
ラス「やめておねがい本当に」

\ガコン/

WS「お、開いたか?」
純水「……いや…」

ジョワー

WS「…は?」
純水「……水だ、それもかなりの勢いでとてつもない量がな」

大混乱

WS「げええええええっ!?」
純水「(走って水から離れる)」

バロ「う、うわあああああああああああああああ!!!!」(チャリオットに飛びかかる
チャリ「(バロ担いで逃走)」
セル「い、勢いが凄まじい!!」(飛んで逃走
レイ「きゃあああっ!?」(ウサギ変身
ヒア「お嬢様っ!」(ウサギキャッチ
ティル「(スウィフトタンブリングで離れる)」
夏琳「これは…!?」
冬音「ちょ、えええええええ!?」
ラス「姉さんがぶち抜くとか余計な事言ったから!!」
ゼラン「ギャウン!!」
フォレ「な、何が起こってるでやんすーー!?」

【続く】

続きを読む »

2014.09.09 Tue »  【RSキャラノート】ティル・ルーランド卿

職:獣人

ティル・ルーランド卿

ルックス最高な少年の登場は、レイディアンスの乙女心に新しい春風を吹き込んだ。
ダメ光奏士が使う光属性の「魔法」は、強力に見えて、どれも実はへなちょこである。
しかし、それは世を忍ぶ仮の姿。その正体は………
世間を騒がす大怪盗『ティル・ルーランド卿』!!


≪ストーリー≫

これまで、バロックと共に人生を歩んできたレイディアンスは、「王子様」というものには、さして憧れを抱いていなかった。
というのも、昔は生きる事だけで精一杯だったし、そういう存在があっても何より姉の事を優先させていし、
またそれが原因で自分も恋愛とは疎かった。
最近になって彼女は、姉の事じゃなくて自分の事も考える事が出来るぐらいに余裕を持ちだして、
いわゆる一般的な「冒険」に出かけるようになった。

そんな中、光の届かないレッドアイ地下研究所での冒険において、彼女は不思議な少年と出会った。
多くのギルドメンバーたちが、特に大きな衝撃を受けた事は、姉思いの彼女がスコーンと彼に惚れてしまったことである。
気がつけばレイディアンスは、「barokの妹」というだけではなく、
一人の冒険家として、「両立型リトル」として一人前に成長していた。

一人の女性として、彼女が異性に恋心を抱くのは自然なことだったのだろう。
彼女が使う光属性の「星魔法」も、種類こそ違うが、根本では光奏とリトルは同じルーツだとWIZのラスティは踏んでいる。
どちらも光の性質をそのまま生かしており、合わされば破壊的な威力を持つ。

しかし、この光奏はろくでもないへっぽこの光奏師で、
彼は、光エネルギーを集約して具現化した物体「ビット」ですらうまく扱えないという体たらく。
小さな物体ながら驚異的な攻撃力を持つビットは、彼の意志を無視し
勝手に爆破したりなど、魔法自体もてんで使えた試しがなく、もう光奏の中のクズと言っても過言ではない。

右目が深紅の瞳であることを除いても、どうにも素性が不明な彼だが
実は、ナクリエマ王国周辺で騒がせている大怪盗「ティル・ルーランド卿」であった。
ティルは光奏師の「テルくん」として世を忍び、獣人の「ティル・ルーランド卿」として、天上界から散らばった美術品を探し、日夜貴族の館や商人の倉庫に「予告」を残し、華麗に奪い去っていく。
時折、自分でもレイディアンスの存在を疎ましく思うのだが、彼女の明るさとその秘めたる謎に惹かれ、
結局はギルドに参加し、他のギルドメンバー達と共に冒険を繰り出すようになった。


Lv408時点ステータス

Lv408時点スキル

武器

ブローチ

頭

腰

手

鎧

足

09profile.gif

バロック

AUTHOR : バロック

気が付けば、いつだってペットと共にいた。
そういうわけでREDSTONE サンライズ(陽鯖)でプレイ中の、とってものんきでネタまみれな日常を描いた画像日記集。
いろいろあったけど、私もペットも元気です。

※復帰以前の記事は全て「むかしにっき」に収納しました

Copyright (c) 2013 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. License to GameOn Co., Ltd.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。