空想ハーツは空も飛べるはず

失われた記憶を求めて彷徨うテイマーの日記…のはずなんだけど、なんだか子供だましでネタにまみれた日常

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.09.09 Tue »  【RSキャラノート】ティル・ルーランド卿

職:獣人

ティル・ルーランド卿

ルックス最高な少年の登場は、レイディアンスの乙女心に新しい春風を吹き込んだ。
ダメ光奏士が使う光属性の「魔法」は、強力に見えて、どれも実はへなちょこである。
しかし、それは世を忍ぶ仮の姿。その正体は………
世間を騒がす大怪盗『ティル・ルーランド卿』!!


≪ストーリー≫

これまで、バロックと共に人生を歩んできたレイディアンスは、「王子様」というものには、さして憧れを抱いていなかった。
というのも、昔は生きる事だけで精一杯だったし、そういう存在があっても何より姉の事を優先させていし、
またそれが原因で自分も恋愛とは疎かった。
最近になって彼女は、姉の事じゃなくて自分の事も考える事が出来るぐらいに余裕を持ちだして、
いわゆる一般的な「冒険」に出かけるようになった。

そんな中、光の届かないレッドアイ地下研究所での冒険において、彼女は不思議な少年と出会った。
多くのギルドメンバーたちが、特に大きな衝撃を受けた事は、姉思いの彼女がスコーンと彼に惚れてしまったことである。
気がつけばレイディアンスは、「barokの妹」というだけではなく、
一人の冒険家として、「両立型リトル」として一人前に成長していた。

一人の女性として、彼女が異性に恋心を抱くのは自然なことだったのだろう。
彼女が使う光属性の「星魔法」も、種類こそ違うが、根本では光奏とリトルは同じルーツだとWIZのラスティは踏んでいる。
どちらも光の性質をそのまま生かしており、合わされば破壊的な威力を持つ。

しかし、この光奏はろくでもないへっぽこの光奏師で、
彼は、光エネルギーを集約して具現化した物体「ビット」ですらうまく扱えないという体たらく。
小さな物体ながら驚異的な攻撃力を持つビットは、彼の意志を無視し
勝手に爆破したりなど、魔法自体もてんで使えた試しがなく、もう光奏の中のクズと言っても過言ではない。

右目が深紅の瞳であることを除いても、どうにも素性が不明な彼だが
実は、ナクリエマ王国周辺で騒がせている大怪盗「ティル・ルーランド卿」であった。
ティルは光奏師の「テルくん」として世を忍び、獣人の「ティル・ルーランド卿」として、天上界から散らばった美術品を探し、日夜貴族の館や商人の倉庫に「予告」を残し、華麗に奪い去っていく。
時折、自分でもレイディアンスの存在を疎ましく思うのだが、彼女の明るさとその秘めたる謎に惹かれ、
結局はギルドに参加し、他のギルドメンバー達と共に冒険を繰り出すようになった。


Lv408時点ステータス

Lv408時点スキル

武器

ブローチ

頭

腰

手

鎧

足

2014.08.29 Fri »  【RS】夏休みSP≪戦慄別荘≫ 3.まぁ一応、冒険家だから

★前回のあらすじ★

セル「キャンプにやってまいりました我々は、チナフという謎の風化した別荘を発見しました」
純水「………」
セル「風化しただけの廃墟かと思いましたがなんと、地下には風化を免れたなぞの地下室がありました」
純水「………」
セル「物珍しさで侵入した我々の運命や、いかに」
純水「………」
セル「…私にばっかしゃべらせないでくださいよ」
純水「………本日も焼き芋ギルドで楽しい一日を過ごしてください」
セル「それ、どっかで聞いた事ありますよ」




ただいまのメンバー分布図




なに?8月終わりそうだって?

レイ「御立派な柱ですねえ」
ヒア「そうでございますね。地下施設とは思えません」
ティル「しかし、謎と言えば謎だ」
レイ「何がです?」
ティル「別荘の母屋が風化して、何故ここだけは何も朽ちずに残っている?」
ヒア「それもそうですわね…」
レイ「地下にあるんだから、日光にも風にもさらされないと思いますう」

ティル「(違う…そういう事じゃない…俺が思っているのは…)」




残暑厳しいので9月も夏カウントです

ゼラン「ギャイン」(何かをクチバシで突いている)
チャリ「どんだけ物持ちいいんだ、この地下」
バロ「ちょっ、ちょっ、チャリ、すげえこれ、見て、見てってば」
ゼラン「キャイン」(何かのビンをくわえてくる
チャリ「おい、あんまその辺のもん弄るんじゃねえぞ」
バロ「ねぇねぇチャリ見てこれすごいよ、地下なのにベッドふかふかでまるで干したてのよう」
ゼラン「………ギャイン」(ビンを放り投げる
チャリ「…チナフ…なぁ、そんな変な名前、この世界にあんのか?」
バロ「純水とかがまかり通ってる世界だから、イインデネーノ」
チャリ「……」
バロ「ねえねえそれよりもチャリ、だからこれベッドすごいよこれだけ持って帰りt」

チャリ「………」




なお、秋はいろいろあるので更新ペースこんなもんかもしれません

ラス「魔法傭兵部隊です」
冬音「カリンちゃんは霊術よ」
夏琳「ふしぎ傭兵部隊と改めますか」
ラス「途端に格好わるくなる…」

ラス「冗談はさておいて、このあたり魔法の気配がする件」
冬音「(くんくん)というか、匂いね。随分強烈な魔力のお香だけど」
夏琳「なぜ廃墟にお香をたく必要が?」
ラス「何かの匂いを誤魔化すのかな」
冬音「隠すといったら、アレよ」
ラス「あれ?」


冬音「死体に決まってるでしょう」(ゲス顔


夏琳「ありえますね」
ラス「           」
冬音「へこたれてる弟、さっさと先を調べるわよ」
ラス「はあ」





まぁ気長にお付き合いください、よーそろー


セル「…はぁ、さすがに本は劣化が著しいですね」
純水「読める物があるか?」
セル「うーん、無理がありますね。これに至っては、虫食いがひどすぎます」
フォレ「ここだけ腐ってるなんて変な話でやんす。腐るんだったら、壁とか床からが腐るべきでやんす」
純水「…一理あるな」
セル「何か、この別荘に強力な魔力が掛かっているのか…」

WS「(本を読む作業がめんどくさいのでそこらへんにあった敷物を見ている)」

フォレ「…調査サボってるでやんす」
セル「ハハハ、僕でさえ読めないものを彼が読めると思って?」
純水「(本をぺらぺらめくっている)」
WS「地図称号すらマトモに取らないことに定評のある男、それが俺だ」
フォレ「アホくさでやんす」
純水「人…体…造……キ……交…?」
セル「本は諦めた方がいいですね」(といいつつ、どさくさに紛れて本を袂に入れる





【続く】

続きを読む »

2014.08.16 Sat » 【RS】夏休みSP≪戦慄別荘≫ 2."チナフ"の地下屋敷

★前回のあらすじ★

バロ「初回如きにあらすじを書く必要があるのか!?」
レイ「前回の記事をお読みくださいませ!」
ヒアデス「ボール遊びしかしておりません!」
ティル「手抜きも甚だしいな…」




わらわらする人たち

バロ「何なにー?」
冬音「アレよ、アレ」

セル「これは…何かの建物の跡ですかね」
純水「…劣化著しいな」
WS「海辺の廃墟ってこたぁ、何かの別荘か」
ラス「残った壁も風化しかけてる」
ヒア「屋根にしては妙な造りですね…」
ティル「(若干だが、魔法の痕跡がある…)」
レイ「(熟考してるティルちゃまカッコイイ…)」

夏琳「? これは、何かの看板のようです。お姉さま」
冬音「なーいす発見カリンちゃん、ちょっと見せなさい」
バロ「あ、私も」

チナフ

チャリ「…チナフ?」
フォレ「たぶん、チナフでやんす」
ゼラン「?」
冬音「濡れてて字が読みずらいわねこれ…」
バロ「えっとアレだよ、チナフってのは紙の原料になる植物の名前で…」
ラス「そりゃケナフだよ」

セル「あ、皆様。何か入口らしきものがありますよ」

発見入口

WS「お、なんか地下に続く道があるな」
冬音「でかしたセルりん!」
ラス「へー、ここだけ風化されずに残ったのかあ」
純水「(地面を踏んづけて強度を確認している)」
セル「地下だから風化もなく残ったんでしょう、中はかなり下の方まで続いているようですが」
レイ「もしかして、もしかします?」
ティル「…見に行くのか?」
バロ「いえーっすそういうこと。面白そうじゃまいか」
夏琳「(看板しまって)結局やることはいつもと何も変わりがありませんね」
WS「まぁそれはいいが…ベースキャンプどうすんだよ」
バロ「あー大丈夫、そこはね…」

いつもこういう役目

バロ「見張り王イプシロンにお願いしてある」
ラス「カトブレは疲れ切って寝てるからね」
WS「(ブリッジヘッドからここまでの行程だけでか!?)」
純水「(途中寝なかっただけマシだと思え)」

バロ「…ま、まぁでも、軽く見るだけにしておこうね。今回みんなそれぞれ、メインの武器置いてきてるんだし。キャンプだし」
ヒア「そ、そうです。それに、キャンプにカレーをそのまま置いてきてしまっているので、ヒアデス的には早く戻りt…」

…………。

潜入

バロ「って何で全員武器持ってきてるの!?」

WS「そりゃお前、戦士の習性って奴だよ」
ラス「いや、その、余興用で結局杖いるし、だったらいつものでいいかなって…」
冬音「だが今回、私は槍を持ってきた!」
レイ「ヤシの実落とす用に、やっぱりいつものスリングを持ってきてありまーす」
ティル「まさかと思ったが…持ってきておいて正解だった」
夏琳「まぁ、そういうものでしょう。ついでに私も」
ヒア「そういうご主人様も、笛をお持ちなんですね」
バロ「ふ、フルートは色んな意味でノーカンだろうに!ノーカン!」
セル「私なんてそのまま翼ですからね…まぁとにかく」

大所帯

チャリ「改めてみると、かなりのパーティ編成だよな」
フォレ「バランスだけは天下一品でやんす」
ゼラン「キャイン」

違和感バリバリの噴水


バロ「え?」
セル「これはこれは、廃墟的なのに、噴水があるとは」
純水「…全部造花だな、しかし」

冬音「水が出てるのはふしぎねえ、海水でもないし」
夏琳「そうですね」
ラス「(も、もう休む気だ…)」
レイ「んもー!休んでる場合じゃありませんってー!冒険ですの冒険!」
ヒア「お嬢様、ひさびさのパーティですがここは抑えてください…」

フォレ「ってかここ、通路が別れてるでやんすう」
WS「意外と広いんじゃね?」
バロ「見た感じ4か所に分かれてる感じだね、ここは慎重に…」
チャリ「だから!!なんで!!てめぇは!!俺に座りたがる!!」
バロ「実に座り心地がいいというか」
チャリ「落とすぞ」

ティル「一つ提案だが、ここはいっそ別れて調査してみるか?」
純水「(さりげなく頷いている)」
セル「それがいいでしょうね、まぁ3~4人で別れればたいていの事があっても対応はできますね」
ラス「回復スキル持ちはそれぞれ1グループに1人で」
バロ「あ、じゃあ私はチャリとゼラン連れてくよ。そすれば他に回復が回せるから」
チャリ「(むしろそれしかできねえんだろ)」
WS「1個確定として、あとはどうすっかな」
ヒア「ここは慎重に決めましょう」




【続く】








続きを読む »

2014.08.10 Sun »  【RS】夏休みSP≪戦慄別荘≫ 1.夏はキャンプでヒャッハー

夏の新連載!

こういう設営物の画像を作ってる時が一番楽しい

キャンプだよ全員集合

バロ「いえーい!!楽しい楽しいサマーギルドキャンプだ!」
チャリ「興奮してんのは重々理解するが降りろってんだよ!!つ、角を掴むな振り回すな!!」

純水「(休憩中)」

レイ「ティルちゃまー!海ですわよ海ー!」
ティル「海はわかったがどうして私を追いかける!!」
レイ「そりゃティルちゃまの水着姿を拝む為です~!」
ティル「断固拒否する!!」
ゼラン「(よくわかってないがとりあえず一緒に走っている)」

カトブレ「ZZZ」
夏琳「お前と言う牛は、このこの」(角を引っ張る

冬音「来たわねえ、弟」
ラス「うん」
冬音「海で飲む酒はさぞ美味しいでしょうねえ」
ラス「やめてください」

WS「メイド、このへんでいいか」
ヒア「はい、この辺でばっちぐーです」
セル「はいはい、着替え用荷物カバンですよ」
フォレ「完璧に遊ぶ感じでやんす」

イプ「(ボートをぼーっと見ている)」

バロ「さぁみんな。今日からキャンプだ、たまには冒険の事とか赤石の事とかを忘れて思いっきり楽しむぞー」

\おー/

ヒア「今晩はティル様の歓迎パーティもやりますので、皆様の小粋な何かをヒアデスはご期待します」
フォレ「(地味にプレッシャーかけてるでやんす)」

ラス「さて、荷物も広げてテントも張った。どうしようか」
WS「するこった一つだろ、おい純水」
純水「…何だ」
WS「J人とやらの力量を拝見してやれ」(ボールを放り投げる
純水「(黙ってそれをティルに向けて投げつける)
ティル「(変身)…成程、そういう事か」
レイ「え?」
夏琳「野郎の世界というものがあるのです、私は理解したくも見たくもありませんが」
バロ「なんのこっちゃ」
チャリ「だから!!てめえは!!降りろと!!さっきから!!」

レイ「???」
ヒア「ではヒアデスめもちょっとだけ参加してみましょう。野郎同士の世界に興味があるわけで…いえいえ、なんでもありません」

フォレ「おもしろそうだからおいらも参加するでやんす」
ゼラン「キャイン!キャイン!」(乗り気
チャリ「(やっと降りたらしい)おもしれえ、乗った」

ラス「あ、面白そうだからこっちも参加で」
セル「では不肖このセルリアン、審判を務めさせていただきます」
バロ「天使だけにな。じゃあ私はレイと一緒にそこでジュース飲みながらのんびり見よう。夏琳ちゃんもどうだい」
夏琳「お供します」

なおいきなり純水が寡黙になったのは、アレだ、中の人からの意見です

レイ「ただのボール遊びならそうおっしゃってくださいませ!」

WS「ただのボールじゃねえ、俺らのプライド勝負だ」
純水「(キックをかます)」
ティル「させん!」(スウィフトタンブリング
ヒア「あっ」(転ぶ
ラス「漁夫の利~」
ゼラン「キャイン!キャイン!」

バロ「いえーい、行け行け」
夏琳「ところで何をどうすれば勝ちとなるのですか」
バロ「相手の的に当てた方が1ポイント」

セル「あ、ラスティ君。漁夫の利を宣言した場合は、こう言いながらプレイを行うルールがあります」
ラス「え?」
セル「カバディカバディカバディカバディ」
ラス「それ違う球技な気がry」

今後いきなりキャラ変わったらそうだと思ってください

冬音「みんなー、ちょっといいかしら」
夏琳「お姉さま」
バロ「ふゆねーさん」
レイ「ふゆねちゃま」

WS「何だよいいところで」
純水「(器用にボールをリフティングしている)」
ラス「おお、すごっ」
ティル「(着地)」
チャリ「んだよ」
フォレ「やんす」
ゼラン「キャイン」
セル「キャイ…しまった、つられた」

冬音「さっきさぁ、そこでオモシロいモノ見つけたんだけど。ちょっと来てくれないかしら」

バロ「おもしろい?」
夏琳「オモシロい?」
レイ「尾も白い?」
ゼラン「キャウン?」
WS「尾も白いならそこにいるが」(ゼラン指さし
ラス「いやそれよりもさ、純水すごっ」
純水「(まだまだリフティング)」

チャリ「あいつらのボケは気にすんじゃねえ」
冬音「はじめっから気にしてないからいいけど」
セル「で、何を見つけたんですか?」
冬音「いやそれが、何かの住居だった跡地?」
ヒア「あら、過去形ですか?」
冬音「過去形も過去形、まぁいいから来て頂戴」

バロ「(なんだろう、何かみょ~な気配がするぞ)」






【続く】









続きを読む »

2014.08.01 Fri » 【RS】夏休みSP≪戦慄別荘≫ プロローグ

神聖都市アウグスタ

魔法都市スマグ

荒廃都市ダメル

古都ブルンネンシュティグ

港町ブリッジヘッド

農村ラカリフサ




そしてこいつの家から




ギルドメンバーの皆様、こんにちは!夏のレクリエーション運営本部の広報担当、ヒアデスでございます。
兼ねてから計画しておりました、ギルドサマーキャンプの日程が固まりましたので、お嬢様のハト特急便にてお知らせいたします。
8月第2週から、半島の海辺での楽しいキャンプに決定いたしました。今回はかけらの材料集めでもありませんので、皆様武器は銀行に預けてしまって、思い切り羽根を伸ばして楽しみましょう!
また詳しい日程は追ってギルドホールに掲載いたします。ひとまずはご主人様に成り代わりまして、私がご連絡申し上げます。
それと、今回のキャンプは獣人のティル・ルーランド卿様の歓迎パーティも兼ねております。
皆様、何か小粋な贈り物やかくし芸なんかも考えておくととっても楽しい事になるかもしれません。
焼き芋ギルドで素敵な夏を過ごせますよう、皆様のご協力をお願いいたします。
ありがとうございました。

―ヒアデスの乙女
09profile.gif

バロック

AUTHOR : バロック

気が付けば、いつだってペットと共にいた。
そういうわけでREDSTONE サンライズ(陽鯖)でプレイ中の、とってものんきでネタまみれな日常を描いた画像日記集。
いろいろあったけど、私もペットも元気です。

※復帰以前の記事は全て「むかしにっき」に収納しました

Copyright (c) 2013 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. License to GameOn Co., Ltd.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。